夫の検査ガイダンス

・・・割とマジで​

何とか減らしたい

この悲劇・・・

Contents

Step 1:精液中の活性酸素の調べ方

Step 2:当院の予約法

Step 3:検査詳細

Step 4:アルゴリズム

ちょっと砕けて説明させていただきます。

「奥様超熱血不妊治療、夫は精液検査だけ?」

・・・いいわけないじゃん。

「精子薄いのに妊娠した/精子濃いのに妊娠しない」

・・・そんなの日常茶飯事ですよ。

「質」ですよ!「質」

是非とも早い段階から、「数」だけでなく、精子の「質」のスクリーニングを受けておいてほしいわけです。

で、

精子の「質」=精子DNA断片化

 ・・・精子の頭の中の赤ちゃんになるためのDNAがちぎれてしまうこと。

但し、確かに精子DNA断片化率を見るのは多少修練が必要です。コストもかかります(当院で36,300円)。

​スクリーニングとして行うには不向きかも知れません。

では、どう考えるかと言うと・・・

Q:精子のDNAを断片化する犯人は何ですか?

A:「活性酸素」です。

Q:活性酸素は調べられないんですか?

A:簡単に調べられますよ。

Step 1

精液中の活性酸素の調べ方

・・・というわけで

【原因】活性酸素 → 【結果】DNA断片化

なわけです。

「原因無き所に結果は無いわな」

「じゃあ、原因調べちゃえばいいじゃん!」

そうなんですね。

DNA断片化を調べるのは、結構ハードルが高く、スクリーニングには向かないかもです。

​でも、その原因である「活性酸素が多いか(=この状態を酸化ストレスと言います)」を調べるのは、非常に簡単なのです。

精液中の活性酸素の状態を調べるには、おそらく現在、世界標準的に酸化還元電位oxidation reduction potential:ORP)が用いられています[1]

動画でご覧いただけますが、非常に簡単で、スクリーニングとして適しています。

で、このORPを正確に出す過程で、正確な精子濃度が必要となります。

このため、Lenshookeという最新の分析器を用いて精液検査も同時に行います。

​すなわち、精液中の活性酸素を調べると、自動的に精液検査も行う、ということになります。

Step 2

当院の予約法

ご確認ありがとうございました。

以上、ご吟味いただき、ご納得賜れました方のご受診をお待ち申し上げております。

ご予約は、どなた様でも歓迎いたします。

(奥様が他院で不妊治療中の方も歓迎です。ご主人様の状態を併診させていただきます。)

①以下リンク先が予約サイトとなります。

②予約サイトの「日時指定予約」をクリックしてください。

​③「精液検査」のボタンよりご予約をお取りいただけます。

Bee.png

of

Step 3

検査詳細

Q1:禁欲期間はどの位がいいのでしょうか?

A1:3日(中2日)で行いましょう!


精液検査の基準値はWHOが決めており、そこには「2日以上7日未満」と指示されています。

一方で、禁欲期間が長くなるほどORP値/精子DNA断片化率は上昇することが知られています。

ORPの測定機械(MiOXSIS)の輸入販売元は「3-4日の禁欲」を推奨しています。

以上より上記で行きましょう!

Q2:精液は持参でも構いませんか?

A2:構いませんが、射精後2時間程度でご持参ください。

精液の液化から2時間程度だと検査値は影響を受けないようです。

「液化」が大体30分ぐらいですので、2時間でしたら問題ないです。

予め容器をお渡ししますので、お申し出ください。

Q3:結果はいつ聞けますか?

A3:翌日以降、ご予約の上聞きにいらしてください。

Q4:費用はいくらですか?

A4:11,000円(税込)です。

検査当日にご請求がございます。

現金のみとなりますので、予めご用意をお願いいたします。

Step 4

アルゴリズム

以下、2019年に報告された海外のガイドライン[2]をお示しいたします。

精液検査とMiOXSYSで測定した酸化還元電位(ORP:1.34以上)で精液の酸化還元バランスのスクリーニングを行い、酸化ストレス状態にあるなら、2次検査(精密検査)を行い原因治療を行うアルゴリズムが確立されています。

​非常に理に適った方法だと思います。

wjmh-37-296-g006.jpg
follow_me.png