人工授精コーディネート

「人工授精」とは、ご主人様の精液から精子を抽出し、奥様の子宮内に注入する、という不妊治療です。

古くから盛んにおこなわれている手法ですが、「どこを/どのように」アシストしているのか?が見えにくい治療でもあります。

本ページでは、「人工授精」について、「なんとなく」ではなく、医科学的根拠/海外のガイドラインに則って解説してみました。

人工授精とは何か

【タイムスタンプ】

0:00 人工授精とは何か?

1:49 精子の調整(洗浄)について

5:58 人工授精までのステップは?  

人工授精が「生きる」のは誰か?

​【タイムスタンプ】

0:00 目次

3:30 ①性機能障害

5:11 ②男性因子

13:39 ③頸管因子

20:13 ④原因不明不妊

25:36 ⑤「アンラッキー」不妊?

31:34 まとめ

排卵誘発は必要か?

【タイムスタンプ】

0:00 プロローグ

2:39 ①性機能障害に対する人工受精時

6:50 ②原因不明不妊に対する人工受精時

9:58 総括

原因不明の排卵誘発:クロミッドvsレトロゾール

【タイムスタンプ】

0:00 プロローグ

0:15 (復習)アメリカ生殖医学会のガイドライン

1:09 注射/クロミッド/レトロゾール

2:13 ゴナドトロピンは「not recommended」

3:52 クロミッドとレトロゾールが推奨

5:34 クロミッド v.s. レトロゾール

 

実際の流れ

​① 月経中

排卵誘発を行う方はday5までにご受診ください。

​(自然周期の方のご来院は不要です)

② 卵胞チェック

卵胞が適切な大きさになるまで超音波と排卵検査薬でモニターしていきます。

​卵胞チェックは複数回/連日となることがあります。

③ トリガー

実施当日に確実に排卵させるため、hCGと呼ばれる注射を用います。

④ 採精

精液は、来院採精/自宅採精どちらでも構いません。

​精子調整に提出後1~2時間かかります。

⑤ 人工授精

人工授精には通常痛みは伴いません。

​実施後10分程度安静にしていただきます。

⑥ 実施後

特に制限はなく、日常生活で構いません。

​当日、性交渉を行っていただくことも可能です。

費用について

基本料金 ・・・ 15,000円(税込16,500円)

(但しカテーテル挿入に際しスタイレットを使用した際は17,000円(税込18,700円となります)

​※日・祝日の場合、3,000円(税込3,300円)加算

follow_me.png